トップリーグ第1節、トヨタ対東芝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6日、瑞穂ラグビー場にて08-09シーズンの開幕節カード、
トヨタ自動車ヴェルブリッツ対東芝ブレイブルーパスの試合が行われました。
この対戦カード、春の豊田市ラグビー祭では0-21と東芝が完封勝利。
その時の両監督にアタックした際のコメントがこちらでして。
むかえた3ヶ月後の対戦は、果たして・・・・・・。


<試合結果>
トヨタ自動車ヴェルブリッツ 3-34 東芝ブレイブルーパス(前半:3-24)
マン・オブザマッチ:スティーブン・ベイツ(東芝)
@後半、中山選手(トヨタ)の突破に、スタンドからわきあがる大歓声
試合後会見で石井監督は
「時間帯で言えば前半20分までがもったいない」と、立ち上がりの悪さを
課題のひとつに上げ、「いい反省材料ができ、次戦に向けトヨタのいいところを
出せるよう、修正していきたい」と、次に向けた眼差し。
麻田選手は
「見ての通り力負け。相手の方が1枚も2枚の上手だった」と、現実をしっかりと
見つめながら、「強い時の東芝ラグビーにやられた。この時期にして、
東芝と再戦したい、いい目標ができた。それに向けてまず、来週。頑張ります」と、
下を向くことなく、ひたむきに前へ進むトヨタラグビーへの熱、そして想いを
口にしていました。
勝ち点5を得て、順風な滑り出しを見せた東芝の瀬川監督は
「4位だった昨シーズンに比べ、今年は必ずタイトルをとる。そのためにも、
このトヨタ戦は非常に重要な試合。それに勝ち点5をとれ、勝利できたことで、
新しい東芝が最高のスタートを決めた感じですね」と、頬が緩んだ表情。
キャプテンの廣瀬選手も、
「これだけ多くの人が足を運んでくれたことにまず、感謝しています。試合は、
お互いにトライが取れない中、最終的に4トライをとることもできて、非常に嬉しいです」
と、開幕戦勝利にチーム成長の手応えを感じた表情。
開幕カードは7日におこなわれるジュビロ対クボタの1試合を残すのみ。
さて。皆様のご贔屓チームの開幕はいかがでしたか?
私の開幕は7日。石川でおこなわれるジュビロ対クボタ戦へGO!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ベイツは素晴らしい より:

    初めての瑞穂観戦、結果はオープン戦等の仕上がりから予想した通りでした。東芝の最初のトライなどは昨年の早稲田戦のよう、新戦力も強力でした。トヨタは何もできませんでしたね。秩父宮と瑞穂の2試合を見ましたが、ルールが変わったとは言え、昨年までとこれほど内容が変わる(キック、キック、長いPG・・・)とは。まだ第1節ですが個人的にはイマイチです。開幕戦、レフリーは試合の流れを止めているようにも思えましたが、まだ良くわかりません。
    毎年思うことですが、再戦のないリーグ戦、仕上がる前の第1節から上位チームの対戦は惜しい気がします。

  2. なっち より:

    お疲れ様です。
    いよいよ始まりましたね!!
    今年も記事&写真楽しみに拝見させていただきます。
    そしてお目にかかれるあの日も!

ベイツは素晴らしい にコメントする コメントをキャンセル

*