花園へのチャレンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県では今週末の14日に花園予選の決勝が行われます。
対戦カードは西陵対春日丘、キックオフは午後2時、試合会場は瑞穂ラグビー場です。
決勝に駒を進めたチームのひとつ、春日丘。昨年は準決勝で敗退し、
いろんな気持ちを胸に1年間を過ごしてきたと思います。
その背番号10を背負うのは上田将也選手(3年)。小柄とはいえ、ボールを持てば
その姿は大きく、特に、この2試合、アグレッシブなタックルが印象深く、
ピンチに体を張る、非常に頼もしい存在です。
7日、三好との対戦を終えた上田選手に久々に声をかけてみました。
@7日、準決勝のヒトコマ
「前半から圧倒していこうと試合に臨みましたが、まだまだ。フォワードに
頼り過ぎました。準決勝は勝てたことが嬉しいです。花園は今年が
最後のチャンス。決勝ではもっとバックスでゲインできるところを見てもらいたいです」
上田選手、ありがとうございました。
早いものでもう3年生。初めて見た時から、そんなに時間が経ったんだなと。
「去年から1年間、積み重ねてきたことをグラウンドで出しきり、花園へ行きたいです」と
話す上田選手。その横顔は、知らない間に精悍になったよな、なんて。
今年の決勝。それぞれが持つ力を存分に発揮できるよう、残り少ない日々が
充実した時間になることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ラグビーファン より:

    上田選手は、14日の決勝戦に出場していませんでした。
    大学の自己推薦試験と重なったため、欠場したようです。
    春日丘は西陵に敗れ、花園に行くことができず、大変残念です。

  2. 楕円球 より:

    花園への最後のチャレンジはこの決勝戦だけ。
    志望大学へのチャレンジは何度でもある。
    3年間、チームの仲間と流した汗は何のためだったのだろう。

  3. shimizu より:

    >ラグビーファンさま、楕円球さま
    コメントへの返信が遅くなりました。
    進む道はそれぞれ、高校ラグビーから旅立っていく選手らを
    これからも温かい目で見守っていただければ嬉しく思います。
    今後ともよろしくお願い申し上げます。

楕円球 にコメントする コメントをキャンセル

*