定期戦を楽しみましょ~@トヨタスポーツセンター

トヨタ自動車ヴェルブリッツHPを見ていたら、6月16日(土)11時キックオフで、日野自動車と定期戦が行われるようです。
日野自動車との定期戦は、グラウンドが持ち回りなので、私が見学に行ったのはおととし。昨年は府中のトヨタスポーツセンターで行われ、今年はトヨタスポーツセンター。1年おきにしか見ないので、懐かしや懐かしや…。
今年もやるのかな?、定期戦で楽しみなのはOB戦があること。
「昨日、3時まで飲んじゃってさ~」とか、えぇ!!という声を聞く事もできます。
現役の試合より、なぜか盛りあがるOB戦。おととしは、トライを決めた選手がゴールキックを蹴る?という、一人二役。最後は若さにものを言わすのか、それとも先輩を立てるのか?、グラウンドが温かい空気に包まれたのを思い出します。
残念ながら今年は、日本代表@仙台と試合が重なり、私は行けませんが、お近くの方は足を運んでみてはいかがですか?
往年の名選手に会えるかもしれませんよ☆
トヨタ自動車ヴェルブリッツHPはこちら。

大槻レフリーの挑戦

ラグビーマガジン7月号の巻末インタビューにも登場している、レフリーの大槻卓さん。その大槻さんが6月10日@ヤマハスタジアムで行われた、早稲田戦のレフリーをつとめられました。
大槻さんは、「スポーツを通じて夢の実現にチャレンジする人を応援します!」という活動趣旨のもと、ヤマハ発動機株式会社創立50周年事業の一つとして設立された「ヤマハ発動機スポーツ振興財団」の第1期生として、「IRBパネルレフリーへのチャレンジ」を掲げ、今春は各地で精力的にレフリーをこなしています。
試合を終えた大槻さんの声です。
「今日は楽しんで出来たかな?と思います。今年の春からトップリーグの練習試合等で笛を吹く機会が多く、新たな刺激を受けて、もっと頑張ろう!という気持ちになります。
100%を目指してやっていますが、ダメだなぁ…とか、上手くいかなかったなぁ…と思うこともありますよ。でもそれを糧として、自分でもよかったと思う部分を伸ばしながら、次へ繋げていくようにしています!」
平日は教鞭をとり週末はレフリーとして忙しい日々を送る大槻さん。ヤマハ発動機スポーツ振興財団の助成金を受け、6月21日~オーストラリアへ短期研修に行かれるそうです。日本とは違う空気に触れ、本場を体験できることも楽しみですね~。
春のオープン戦、トップを目指して挑戦を続けるレフリーの皆様、頑張って下さい! 応援しています☆
大槻レフリー、頑張って下さい!

五郎丸歩選手と共に@ヤマハスタジアム

6月10日、ヤマハスタジアムで行われた春季オープン戦対早稲田大学の試合後、クールダウンを終えた五郎丸歩選手へ、報道陣によるインタビューが行われました。
<赤黒でヤマハスタジアムデビューの五郎丸選手>
☆インタビューの様子です☆
-ヤマハジュビロを選んだ理由は?
「取り巻く環境全般ですね。サッカーだけではなく、ラグビーやスポーツ全般に力を入れているし、施設面も充実していると思います」
-早い段階で進路を決定したのは?
「大学最後の年、ラグビーに集中したいので決めました」
-今日の試合の感想は?
「自分達が春にやってきたことを出せば勝てた試合でした。トライは取りましたが、僕個人ではなく、FWからのパスがよかったからです」
-キックが持ち味だと思いますが、今日はどうでしたか?
「プレ-スキックはよかったと思いますが、FWを前に出したり、試合の流れを切るところのキックはよくなかったです」
-春シーズン、五郎丸選手自身の調子はどうですか?
「いいですよ。順調にきています!」
-今年、目標としているところは?
「個人では確実なプレーの精度を上げ、大学選手権で優勝するために必要なことをやっていきたい。そして「荒ぶる」を必ず歌うことです!」
*******
強い心、そして澄んだ強い眼差しと共に、最後尾FBの位置からチームをまとめる五郎丸選手。少ない言葉に込められた熱い思い。大学最後の年にかける情熱を、この先見守っていきたいなと思いました。
歩む道に輝く未来があることを願って!☆
*******
大田尾選手の突破、ディフェンスにいく五郎丸選手。熱い戦いが繰り広げられたヤマハスタジアム

ヤマハスタジアムデビューの早稲田大&大槻レフリー

朝、家を出たときは土砂降りの雨、途中の豊橋辺りで青空が見えたものの、スタジアムへ到着するとまた…。おしゃれ長靴をデビューさせましたが、早稲田との試合が始まる頃には空が明るくなり青空が広がりました。
ヤマハスタジアムへ初登場の早稲田大学ラグビー部。FWを前面に押し出し、激しいプレッシャーをかけてきました。
<試合後の中竹監督>
「前半の戦いに手応えを感じたので、後半は「チャレンジしていけ!」とピッチへ送り出しました。いい経験になりました」
<試合後の権丈キャプテン>
「勝ちにきた試合だったので、悔しいです。個々の力はヤマハの方が上なので、人数と運動量でカバーしました」
来春、入団内定の五郎丸歩選手。キックに、トライにと9得点を上げる活躍。
<試合後の五郎丸選手>
「いい経験が出来ました。先のことより、まずは大学選手権をとれるよう頑張ります!」
タッチへ出すキック、ミートした瞬間の衝撃音、すごいものがありますね。びっくりしました。風に乗って伸びていくんじゃなく、パワーで弾き飛ばす感覚が記憶に残りました。春シーズンは順調にきていると、話していた五郎丸選手。これからの活躍を期待しています!
今日の主審は、大槻卓さん(写真左から2番目)。ヤマハ発動機スポーツ振興財団の第1期生として活躍中。ヤマハスタジアムデビューとなった早稲田戦後に「楽しんで笛を吹く事ができました!」とお話しを聞かせていただきました。高校の先生として忙しい日々を送っている大槻さん、土曜日は監督として練習を、そして今日はヤマハスタジアム、もちろん明日は学校。本当に頭が下がります。
これからのレベルアップ、そして世界に通用するレフリーへ成長して行く大槻さんを、見守っていきたいと思います☆

雨にも負けず風にも負けず@春のオープン戦

明日、6月10日はヤマハスタジアムへ早稲田大学を迎えて春のオープン戦を戦うヤマハジュビロですが、どうにも天気が心配ですね…。
雨でも風でも何でも試合は行われるのですが、できる事ならいいグラウンドコンディションでプレーをしてもらいたいなぁと、夜空を見上げながら
「お星様、お願い☆」^^
行かれる皆様もテルテル君に願いを込めて…
*******
地方に住んでいると、なかなか足を運ぶ機会がない関東の大学ラグビー。というわけで明日は楽しみ♪。五郎丸歩選手のインタビューも行われるので、チェックしてきます☆
個人的に、PR瀧澤君が愛知の千種高校出身というのが興味深いです。どうしても地元出身の選手は気になりまして^^;
ヤマハスタジアムは12時キックオフ。メインスタンドの一部席を除き入場無料です。
雨にも負けず、風にも負けず、レッツゴー!ヤマハスタジアム!
大田尾選手(写真右)と三角選手(写真左)。大田尾選手の成長した姿は必見です!

年齢と同じ歩みで経験を積む@GO!ジャパン!

9日に行われる、IRBパシフィック・ネーションズカップのオーストラリアA代表対日本代表、既に先発予定メンバーが発表されています。
日本ラグビーフットボール協会
その中でゲームキャプテンをつとめるのは、佐々木隆道選手(サントリーサンゴリアス)。フル代表で最年少ゲームキャプテンのようですね。
こう書くと、ババクサイ・・・と言われますが若い世代の選手がキャプテンやゲームキャプテンをつとめる日がいつかはくると思っていました。
ヤマハジュビロのケビン・シューラー総監督へロングインタビューを行った時、JKのコメントと同じような事を言われました。
「年齢と同じ歩みで経験を積むことはとても大切なことです」と。
(トラジュビのケビン・シューラー総監督インタビューはこちらからどうぞ☆)
一番伸び盛りの世代、積み上げる経験と共に大きく成長して欲しいと願っています。
私の中で佐々木選手といえば…、何年か前に早稲田大学が春の招待試合で瑞穂ラへ来た時、「頑張って下さい!」とサインをいただきながら声をかけたら、「ありがとうございます!」と顔を上げ言葉を返してくれたことが思い出ですね。
佐々木選手の活躍を、ジャパンの活躍を今回は日本から応援しています!
************
ヤマハジュビロからは、PR山村亮選手、FL6木曽一選手、SH矢富選手、リザーブで大西将太郎選手がメンバー入りです!
GO!GO!ジャパン! 

サファリセブンズも開幕します!

4日に日本を旅だったサファリセブンズ遠征メンバーは、無事にナイロビへ到着し、トレーニングに励んでいるようですね。現地の様子は、日本ラグビーフットボール協会HPの「7人制日本代表「サファリセブンズ」遠征リポート」をチェック!
日本ラグビーフットボール協会HP
ヤマハジュビロから参加している佐藤選手。初めてのアフリカを満喫?しているのでしょうか?
先週末に行われた三洋電機戦、これまでの春シーズンを振り返ってお話しをお聞きしました。
「今日はゲームのテンポもあまりよくなくて、球を捌いても捌いてもなかなか攻撃のリズムが作れませんでした。その中で自分がボールを持ってしまう時間も増え、あんまりいいところがない試合でした。悪い流れの中では、周りを上手く使い冷静にプレーしたいですね。
春シーズンは、全部スタメンで出場していますが、納得できるプレーはまだです。もっと走れる、もっとできると思いますので、今日の試合の反省点を含め、次へ向けて頑張ります!」
セブンズの話を聞いたところ、アフリカは行ったことがないからよくわかりませんが…と言いながらも笑顔。5月に秩父宮で行われた7人制強化試合で上げた決勝トライは「おいしいところをもらいました、嬉しかったですよ!」とさらに笑顔を見ることができました。
サファリセブンズも9日に開幕。予選プールC組のジャパン、初戦はZimbabweと対戦します。キックオフは現地時間で10:54~(日本との時差はマイナス6時間なので、16:54~日本時間でしょうか?)
GO!GO!ジャパン! 応援してますよ~☆
秩父宮の試合後、築城選手(写真左)、佐藤選手(写真中央)、村田コーチ(写真右)

春のオープン戦を楽しむ

毎週末、各地でオープン戦が行われています。応援しているチームの様子を観戦に~と足を運べば、練習グラウンドならではの楽しみがあります。
マイクを持つ村田選手。
大久保グラウンドで行われる練習試合は、キックオフ30分前から「選手によるルール解説」が行われます。だいたい3人1組でマイク担当×1と実演担当×2。実際にプレーしている選手の解説と実演は、わかりやすい!。今回のお題は「タックル」。基本のタックルから村田選手も得意とする「スマザータックル」、危険な「ハイタックル」。こうやってルールを覚えていく楽しみがあるのも、練習グラウンドで行われるオープン戦ならでは。
ビデオ係の徐吉嶺選手。一人高台で頑張っています!。試合に出場しない選手は、ウォーターボーイやボールボーイ、キックティー係などチームのために役割をこなします。
徐選手と話しをしたのですが、ついつい雑談方向へ…。
清:「腕、太くなったね~。早朝トレーニングで筋肉ついてきたんじゃないですか?」
徐:「毎日やってますからね。でも朝早いのホントは苦手なんですよ…」
清:「頑張って下さい! 筋トレで腹筋も割れてきたんじゃないですか?」
徐:「腹回りの脂肪は取れてきました^^」
試合に出たいっスよ~と元気に話してくれた徐選手。オープン戦の残り3試合。活躍を期待してます!
などなど、明るい表情や意外な表情に出会うこともあります。
この週末も各地で多くの試合が組まれていると思います。お近くのグラウンドへ是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?。
宝物、足元に落ちているかもしれませんよ☆
*******
6月10日は、ヤマハスタジアムへGO!
12時キックオフ、ヤマハスタジアムへ早稲田大学を迎えてオープン戦が行われます。メインスタンドの一部席を除き入場無料です!
早稲田出身の三角選手。元気な姿を見たいですね!
詳細は
ヤマハ発動機公式ウェブサイト内ラグビー情報
トラジュビをチェック!

6月10日はヤマハスタジアムへGO! 

6月10日(日)、ヤマハスタジアムへ早稲田大学を迎え、春のオープン戦が行われます。キックオフは12時(開場は10時)。メインスタンドの一部席を除き入場無料となっています。
ヤマハスタジアムでラグビーといえば
「1日楽しむラグビー」
先着プレゼントやフードコート、ラグビー体験コーナー。試合終了後は、ファン交流会も行われます。
五郎丸歩選手の内定も発表済、試合終了後はインタビューが行われ、大型ビジョンでその様子を見ていただくことができます。
詳細は、
ヤマハ発動機公式ウェブサイト内ラグビー情報
トラジュビでチェック!
早稲田大学出身のPR伊藤選手、絶好調です!

2シーズン目の期待を込めて@ヤマハジュビロ

日体大から入団し今年2シーズン目を迎える津高宏行選手と、佐賀工から入団し同じく2シーズン目の野中大輔選手。勢いがある今年の新人に押され気味ですが、着実に力をつけてきています。そんな両選手へ、三洋電機戦後にお話しを聞きました。
☆津高宏行選手☆
「後半から出場して、いいアタックもありましたが、流れに乗れなかった試合でした。チーム全体として全員が責任を果たすことが重要だと感じました。僕も1チャンスを生かし、そのチャンスをしっかりものに出来るよう頑張ります。今季新入団の後輩(日体大@小林選手、八木下選手)には、1年目は考えないで自分のプレーを思いっきりやって欲しいなと思います。考えるのは、2年目からで!」
☆野中大輔選手☆
「スクラムを押されても上手く修正できませんでした。反省する点はスクラムに尽きます…。でもスクラムだけじゃなくボールに絡むプレーやサポートプレーなど、まだまだ勉強するところはたくさんあります。今季入団の中島選手とはあんまり話さないけど、会社の送りと帰りは一緒です。それより、NZへ短期留学していた圭太さんが帰ってきます! お土産が(お土産話?)楽しみです!」
(写真左が津高選手、右が野中選手)
写真をお願いした時に津高選手が、
「大ちゃんと初の2ショットだよ!」と笑顔で話す横で、
「体を絞ったんです!」と、ニコッと話す野中選手。
野中選手に初めてインタビューしたのは、昨シーズン7月の北海道合宿直前でした。あれから1年。たった1年でずいぶん逞しくなったなぁと感じました。「大ちゃん!」の愛称でかわいがられている姿がこの先どんな感じで成長していくのか、とても楽しみです。もちろん、津高選手の成長も期待しています。
今年も、津高選手、野中選手をはじめチームの成長を追い、伝え、見守っていきますよ~☆