初戦を迎える楽しみ

22日、2007ラグビー日本代表の初戦、対日韓戦が秩父宮ラグビー場で行われました。
結果は、82-0。幸先よく初戦を白星でスタートしました。
(結果は、日本ラグビーフットボール協会HPでチェック!)
ヤマハジュビロからは、先発予定メンバーに山村亮選手・木曽一選手の名前もあり、楽しみにしていた試合でした。
*********
試合前、「初戦だから楽しみです!」というファンの声。
試合後、「初戦だから出たかった!」と、力強く語ってくれた木曽選手の声。
どの試合も出場する選手にとって、応援するファンにとって大切な試合。
その中でも初戦は、格別な気持ちで迎えるのかな?、と改めて感じました。
次戦は、29日(日)の対香港戦。パシフィック6ネイションズまでの4試合において、全てのメンバーへ出場機会を平等に与えるという、ジョン・カーワン日本代表ヘッドコーチ(これからJKと書かせていただきます!)。韓国戦で見ることが出来なかったメンバーのプレー!、是非注目したいです☆。
GO!GO!ジャパン!

勝利への道

21日は、日本平スタジアムで行われた「清水エスパルス対鹿島アントラーズ」へ。
ほぼ一年ぶりのサッカー観戦^^;。
結果は、1-2で鹿島アントラーズの勝利。ホームで勝てなかったエスパルスの悔しさ、アウェィで勝ったアントラーズの嬉しさが入り混じった日本平スタジアムでした。清水エスパルス・鹿島アントラーズの皆様、サポーターの皆様、お疲れ様でした。
*******
後半、ホーム側一階席で観戦。迫る試合終了の笛、追いつき勝ち越したいエスパルス。繰り返されるプレーを見ているうちキッカーの選手へ向け、思わずかけた言葉は、
「出来る、出来る、頑張れ!」。
その声に反芻するかのよう、
「そうだ、出来るよ、お前なら出来る!」と周りからの声。
瞬間、その場所からオレンジに染まった空気が共にキッカーの背中を押したのでは?と思える感覚。
小さな願いの集まりが、ピッチの空気と一つになった瞬間に放たれる、大きなチカラ・・・。
勝利へ向けて祈る気持ちを誰しもが忘れない限り、勝利の道が途切れることは無いと私は信じています。
前を向いていきましょ☆

日韓戦で思い出した韓国語

22日は、秩父宮ラグビー場へGO!。
「アジア3カ国対抗試合 兼 第9回日韓定期戦」日本代表 vs 韓国代表の試合が行われます(14時キックオフ)。たくさんのイベントも用意されているようで、楽しみですね。先発予定メンバーも発表済。ヤマハジュビロからは、PR3山村亮選手、FL6木曽一選手が出場予定です。
<日本ラグビーフットボール協会HP>
*******
日韓戦で思い出したのが「韓国語の挨拶」。語学とは全く…縁がない私ですが、昨年名古屋で行われた「WAFCA車椅子バスケットボール東アジア交流大会」へボランティアで参加した時に30分だけ講習を受けました。
カタカタ表記を読むのと、実際の発音が全く違うことに驚きました><。
・こんにちは!「アンニョン ハセヨ」
・ありがとう!「コマッス ムニダ」(カムサハムニダ)
・頑張って下さい!「ヨルシミニ ハセヨ」
・お疲れ様でした!「スゴハッショッ スムニダ」
(覚えているのは、単語のみ…。記憶が…)
国際交流できるかな?。韓国選手へアタックしてみようと思います♪。
(ボランティアでいただいたTシャツ。夏の宝物です☆)

注目度アップのSuper14

ヤマハ発動機ジュビロのケビン・シューラー総監督へのインタビュー、話の中で登場していただいた選手は、Tanerau Latimer選手。06シーズンにNPCのbay of plenty(ベイオブプレンティ)から、Super14のCrusadersへ。07シーズンは、Super14のChiefsで活躍しています。
ChiefsのHPはこちらです。
「彼はNZ7人制代表から、19歳でSuper14へいき、プレーしているんだよ」と聞き、私の中でTanerau Latimer選手の注目度がアップ!。
Super14も残り試合が少なくなってきました。応援しているチームの活躍から目が離せませんね!。
******
ヤマハジュビロの嬉しいニュース♪。
村田亙選手のHP
「村田亙は今年も現役続行!選手としてピッチに立ちます!(Diaryより引用)」
そこにいるだけで、圧倒されるような存在感。ボールを持ってスクラム横に立つ姿は、経験、そしてラグビーを楽しむ!というオーラが溢れ出ています。練習グランドでも、試合会場でも、ホントに憧れで、光り輝く選手です。
もちろん応援します!。今年も(いつまでも☆)スタンドから、ピッチサイドから追い続けます!。
春シーズンの練習試合が楽しみです♪。

ALL BLACK NUMBER 904

少し前になりますが、ヤマハジュビロの新シーズンが始まった!ということで、ラグビー部の皆様のご厚意をいただき、ケビン・シューラー総監督にお話を聞かせていただきました(ありがとうございます!)。
その第1弾をトラジュビへアップしました♪。
******
Kevin Schuler総監督の「ALL BLACK NUMBER」は「904」。優しく、楽しくお話に花が咲きましたが、すごい方なんですよね~。
ちなみに、
John Kirwan日本代表監督の「ALL BLACK NUMBER」は、「854」。
一目でわかる、allblacks.com はスゴイです!。

頑張れ!U23日本代表!

ニュージーランド学生代表来日シリーズの第2戦(対U23日本代表)が、明日(4/18)鶴見緑地球技場(19時キックオフ)で行われます。
すでに両チームとも、先発予定メンバーは発表済。
(日本ラグビーフットボール協会HP)
どの選手も期待を寄せていますが、今までスタンドから自分の目でプレーを見た選手には特に、「頑張って欲しいなぁ!」と思います。
サクラを胸に、経験を積んで、大きく羽ばたいてくれることを願っています!。
GO!GO!ジャパン!

日本エアロビクスセンター

(写真は、日本エアロビクスセンターの第1グランド)
4月22日(日)対韓国戦@14時キックオフ、29日(日)対香港戦@14時キックオフに向け、ラグビー日本代表の合宿が、日本エアロビクスセンターで始まりました。
日本ラグビーフットボール協会HP
私が、ここを訪れたのは7人制ラグビー代表合宿が行われていた3月23日。梅の季節もすっかり終わり、かといって桜にはちょっと早すぎた時期…。ふと見れば次は、つつじの季節かなと。
日本エアロビクスセンターのHPを拝見したところ、21日から「つつじまつり」が開催。会場は、第1グランドから少し行ったところ、「ラク・レマン」プールサイドです。
つつじもキレイだろうなぁ…。その近くで、ジャパンのサクラも咲いて欲しいなぁ…と願っています。
GO!GO!ジャパン!。

お疲れ様でした@7人制日本代表の皆様

3月に辰巳の森ラグビー場で行われたセレクション合宿から、振り返れば1ヶ月。7人制ラグビーの香港&アデレード遠征が終了しました。選手・スタッフの皆様、お疲れ様でした。
ヤマハジュビロから、佐藤選手&村田選手(村田コーチ)が参加していることもあり、辰巳の森@セレクション合宿、日本エアロビクスセンター@最終合宿を見学させていただきました。
合宿参加人数が10数名と、まとまりがよく、見学していても本当に良い雰囲気を感じました。最終合宿では、厳しい練習後にもかかわらず、弾けるメンバーの姿。見ている方が元気を貰うほどでした。
「いい雰囲気だよ~、頑張ってもらいたいね!」と、見学に行った友達と話を弾ませて帰ってきました。
遠征結果、香港セブンズはボウルトーナメントの準決勝で敗退。アデレードセブンズは、シールドトーナメントの決勝で負けてしまいました。
今回の参加で「IRBのポイントを取る!」という結果は残せませんでしたが、頑張る選手やスタッフの姿は、私の記憶にしっかり残りました。
「ありがとうございました!」。感動をいただいた7人制代表チームの皆様に感謝しています☆。
帰国後、所属のチームへ合流。春シーズンも始まります。次は各チームで活躍する姿を、応援していきたいと思いま~す。
そして、これからも7人制代表を、そしてラグビーを応援していきますよ~!。
(日本ラグビーフットボール協会のHPに合宿のレポートが掲載されています)
******
明日は、大阪@近鉄花園ラグビー場で「ニュージーランド学生代表来日シリーズ」U21日本代表 vs ニュージーランド学生代表の試合が行われます(キックオフは14時)。私は都合がつかず行けませんが、お近くの方、是非スタンドで熱い声援をよろしくお願いします!。
日本ラグビーフットボール協会HPへ先発予定メンバー等発表されています!。

ヤマハジュビロの新しい風@越村一隆選手

ヤマハジュビロの新入会見に臨んだ8名のトリを飾るのが越村一隆(こしむらもとたか)選手@中央大。着席がポジション順だったので、越村選手が最後となりました。クールに見える横顔から、強い光を感じました☆。
<ヤマハジュビロ入団の決意と将来の目標>
「大学時代もそうですが、高いレベルでやりたかった、優勝を狙えるチームということでヤマハに決めました、将来は、ヤマハで学んだことを生かして、地域貢献をしていきたいです!」
高いレベルのラグビーを求めてヤマハに決めた越村選手。時折見せてくれる笑顔がカワイイ選手です!。ラグビーを始めて10年以上。大学時代もレギュラーとして数多くの試合へ出場。
これからは、ヤマハジュビロで数多くの試合に出場、そして歴史を積み上げていく選手の一人です!。
先日、グラント・マッコイド選手の新加入も発表されました。合わせて9名の新しい風を迎え、シーズンをスタートしたヤマハジュビロ。今シーズンも、追いかけ感動をお伝えしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します♪。

ヤマハジュビロの新しい風@徐吉嶺選手

ヤマハジュビロの新しい風は、溢れるスピードと共に!。徐吉嶺(そ きるりょん)選手です。
<ヤマハ入団の決意と将来の目標>
「大学を卒業してもラグビーを続けたくて、やるならレベルの高いところでと思っていました。いろいろ頑張っている中で、ヤマハさんに目をつけていただき、合格しました。自分は在日同胞社会を担っていくように、ラグビーで活躍し、ヤマハの日本一に貢献して自分なりにもっと頑張り、在日同胞社会や日本の力になれたらいいなと思います!」
言葉の一つ一つから、強い決意が見えるのは、きっと徐選手の強いキモチから。真っ直ぐ見つめた眼差しの先に、必ずヤマハの勝利がある、そう思える強い瞳の持ち主でした。新人選手、どの眼差しからも、強い光を見ることができましたが、その中でも徐吉嶺選手の光りの強さに、グッと胸が熱くなりました。
堂々とした話し方を見て、「緊張してない??」と感じましたが、実はメチャメチャ緊張していたようで…。
「ヤマハに入れて、ホントに嬉しいです」と、ニコニコの笑顔。
本人も後で聞いた話とのことですが、短距離走の記録を塗り替えたそうですよ。
ヤマハのスピードスターへ、新たな名乗りを上げるか?。夢と期待、楽しみが膨らむ選手です!。