ノーサイドまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@グラウンドにおかえり(号泣)

ラグビーはコンタクトを伴うスポーツのひとつであるがゆえ、
予期せぬ出来事もいろいろなところでたくさん起こるし、
グラウンドでそういう光景を何度も目にしてきました。

夏前、アクシデントでプレイヤーとしての選択肢が限りなく低くなって
しまった子がいました。受傷後の経過を少し聞いたものの、
この先、どうやってかかわっていくのかな?、選手としては難しいかもしれないけど、
何か違う方向から続けてくれたら、この先も好きでいてくれたら、そう願っていました。

その後は、話は聞くことを申し訳ないと思いながら時間が過ぎ、むかえた決勝の舞台。
そこには、ウォーターボーイとして、仲間を支える背中が…。
見た瞬間、胸が熱くなって涙がポロポロ…。年を重ねると、涙もろくなって…。

60分間、仲間を励まし続けた姿、カッコよかった!。
ノーサイドまでやりきった、ホントにカッコよかった!。

元気な姿を見ることができてホントにうれしかったです。
この先、進む道に幸がありますように。また、グラウンドで会えますように。
そして。ラグビーを好きでいてくれますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*