ラグビーマガジンその2

@瀬戸といえば!(私の中で…)

先の記事にて、発売中のラグビーマガジン11月号に、
昭和橋中学校ラグビー部を取り上げていただいたと記事にしましたが、

なんと、今回は、巻末インタビューに、瀬戸西高校ラグビー部出身、
今夏の東京パラリンピック、陸上400mのユニバーサルリレーにて見事、
銅メダルを獲得した、大島健吾選手も特集されています。

瀬戸西高校出身の大島選手は、パラリンピック終了後、体躯祭が行われている中、
サプライズで学校を訪れ、在校生たちに銅メダルを披露したとか。

ラグビー部の恩師、正道先生が嬉しそうに話してくれました。
大島選手、おかえりなさい、ですね!。

ということなので、ラグビーマガジン11月号、ぜひ、お手にとって、
できればお買い求めを!

ラグビーマガジン11月号

@とある日の昭和橋中にて

発売中のラグビーマガジン11月号に、愛知県の昭和橋中学校ラグビー部を
取り上げていただいています。

私の記憶(しょぼいですが)の中で愛知の中学校を取り上げていただいたことは
なかったような(あったらすみません、ホントにすみません)。

小雨降る中でしたが、みんなの協力あってこそ。
本当にお世話になりありがとうございます。

是非、手に取っていただけたら(さらにお買い求めいただけたら…)嬉しく思います!

願いをこめて

仲間だからこそ、

できる、やってくれると信じて。

背中を押した力は、

この先、進む道を踏み出す力にもなると私は、思います。

昨日の一枚

25日に行われた高校ラグビー愛知県大会2回戦の一枚。

登録選手は3学年あわせて18人。
その中でラグビー経験者は2人。
部員数や経験者をについ、気にしてしまうのですが、
毎年、そうじゃない、ということを教えてくれるのが明和。

ひとつのトライを全員が喜ぶ。

ホントにいいチームです。

良き笛は幸せの音

あれっ?。イケメンな方を発見!。

良き笛の音を聞くと幸せな気持ちになるのは私だけでしょうか(微笑。

お世話になりありがとうございました。また機会がありましたら是非、
お待ちしています!

2021東海学生ラグビーリーグ

@個人的な好み満載のパンフレット表紙(微笑。今年は笑顔です。

DSC_0055

東海学生ラグビーリーグが9月19日、各会場で開幕しました。
新型コロナ禍の中、各大学の活動状況を考慮した中で、
Aリーグは開幕。残るBリーグ、Cリーグは今後の状況を見てという
感じです。

練習環境、大学の事情等、いろいろ悩みを抱えながらのスタートですが、
昨シーズンより、選手たちの顔色はよかったかなというのが正直な感想です。

始まったリーグが最後まで無事、完走できることを願います。

上記写真のこぼれ話。こんなこと言ってましたけどと、
スタッフ陣に聞いたのですが、
「僕たちは選手たちにそんなこと言ってないよ」と(微笑。

「キレイな円陣を作ろう」、トライのあとの名城大から繰り返し聞こえてきた言葉。
その昔?、トップレフリーが言ってたなー。
良いチームは円陣がキレイだって(微笑。
選手たちの意思を感じました。チームは生きていますね!。

新天地

@宮下さん

リリース(というか公式に2021年度のメンバー)がでましたので^^。

長く、名古屋中・高ラグビー部のトレーナーを務められていた、
宮下侑希さんが、2021年度から、清水建設ブルーシャークスの
トレーナーとして新たな道にチャレンジされます。

清水建設ブルーシャークス

清水建設ブルーシャークスは、2021年度からの新リーグ、
「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE」のデビジョン3に参加。
同じディビジョンには、豊田自動織機シャトルズ愛知がいますので、
もしかしたらこちらで試合が組まれて再会できる機会もあるのかな?なんて思っています。

宮下さん、長い間、お世話になりありがとうございます。
新天地でも活躍されること、応援します!

1回戦

※(9月19日、タイトルかえました)

台風の進路、勢力を心配しましたが、
1会場を除いて19日に1回戦が行われました。

水はけのいいグラウンドを持つ学校はすごいなーと思った1日でした。
お世話になった皆様、ありがとうございます。

ちなみに、筑波大ラグビー部でピックアップされているフランカーの倉井選手は
旭丘出身。中学時代は野球部でした。高校時は、コベルコカップのU18東海代表にも
選ばれた倉井くん、卒業後、続けてくれるといいなーと思っていたのですが、
高校の指導者の山下先生(筑波大院卒)の影響を大きくうけたのでは?と(微笑。
(わかる気がする)。後輩たちもがんばっていますよ、倉井選手!、そして、
後輩のみんな、倉井くん、がんばってますよ!

もうひとつ(微笑)。1枚目の対戦は指導者陣が息子たち対パパの親子対決でした(山下家)!