ヤマハジュビロの新しい風@中島拓也選手

ヤマハジュビロに吹く最年少の風は、中島拓也選手。ピカピカの高卒ルーキーです。大学生の先輩に混じながらも、見事にキャラを開花させるか?、中島選手の声です。
<ヤマハジュビロへ入団の決意と将来の目標>
「高校の先生の推薦もあって、練習に行って良い環境で練習できるよなぁ、すげー入りたいなぁと思ったら、決まりました(会見場の笑いを取るあたりすでに大物?)。将来はレギュラーに入る事を目標、そしてチームに貢献していきたいです」
ゆっくりした口調の中でもしっかり会場の空気を掴むあたりに度胸の良さを感じました(すげー入りたい!のとこりに、力が込められてましたよ~♪)。
ヤマハジュビロ、最後の昭和生まれ?の中島選手は、ラグビーが盛んな熊谷工業から磐田へ来ました。
「タクヤ!」と、早くもかわいがられているようですね☆。
「少しづつ頑張ります!」と小さな決意。高校から入団は、長く応援出来るのが楽しみの一つ。これからの成長を温かく見守っていきたい選手です!。

ヤマハジュビロの新しい風@矢富勇毅選手

ヤマハ発動機ジュビロへ吹く新しい風、矢富勇毅(やとみゆうき)選手は、2007年度日本代表スコッドに名を連ねる、素晴らしい選手。ヤマハジュビロのプレー姿より一足先に、ジャパン姿を見ることができるか?。楽しみです。
<ヤマハ入団の決意と将来の目標>
「将来は、海外志向が強いので是非海外でプレーしたい。それを考えた時に、ヤマハは魅力的なチームであり、協力していただけると思った事、ヤマハのラグビーが自分にあっている、後は環境やスタッフの熱意、ファンとの接し方ですね。それで、ヤマハを選びました」
「顔小さい!、でも首が太い~」という第一印象(顔小さい!は、よく言われるそうです)。4月1日にヤマハへ来たばかり、荷物もほとんど整理していないまま代表へ合流するそうです(4月3日の入団会見後に聞きましたので、今は日本エアロビクスセンター@千葉で行われている日本代表合宿へ参加中です!)。
代表については、「ここがスタートライン。自分が成長していく事が、ヤマハの成長にも繋がるので、W杯出場を目指して頑張ります!」と、力強く話していただきました。
早稲田の先輩、大田尾選手は矢富選手にとって実は…、「怖い」存在だったそうですよ。大田尾選手が4年生時に、矢富選手は1年生。当時、怒られてばかりいたそうですが、「自分が下手だったから仕方ないんです」、と振り返っていました。「もう怖くありません今なら遠慮無くプレーできるかな?。同じチームで心強い存在です!」と大学4年間の成長をアピール。大田尾選手も「いい選手で楽しみです!」と明るく話していました。
会見後の写真撮影の合間、堀川監督・大田尾選手・矢富選手の3ショットを撮らせていただきました(ありがとうございます!)。3人でしっかり重ねた手。手の順番には大田尾選手の心遣いがありました。
「矢富、1番上ね」
後輩を思う大田尾選手の心、ちょっと照れたような笑顔を見せる矢富選手、その様子を見守る堀川監督。3人の雰囲気に、心がホッと温かくなりました。
伊藤雄大選手とは、大学時代の寮が同じ部屋で仲良し、三角選手は1年先輩で、今も仲がいいそうです。
「今のうちに話して印象をつけておかないと、帰って来た時に忘れられてしまう…」と、同期入団メンバーと仲良く打ち解けた雰囲気の矢富選手。ヤマハのプレーはしばらく先になりますが、ジャパンでの活躍応援していますよ、頑張って下さい!。

ヤマハラグビースクール開校式!

7日(土)、爽やかな空の下で行われたヤマハラグビースクールの開校式の様子を、トラジュビのレポートへアップしていただきました。
ヤマハラグビースクールでは、「大人のラグビー教室」も開催。想像以上の参加者(40名ぐらいですね~)にびっくりしました^^。女性の方も多かったんですよ。ランニング、ストレッチ(特にストレッチは入念に…)、円になってのパスなど、まずは基本から(写真を撮りに歩いていたので、つきっきりで大人のメニューを見ていたわけではないので、申し訳ありません)。
フカフカな緑の芝と、参加されている皆様の爽やかな笑顔を見て、幸せなキモチになりました。
ラグビースクールの中で、大人(保護者)を対象にしたスクールを開催しているところは、他にもあるのでしょうか?。1度調べてみようと思います。ご存知の方いらしたら、是非教えて下さいね!。
次回のヤマハラグビースクールは、21日。ジャージ持参で、まずはストレッチから参加してみようかな??。

ヤマハジュビロの新しい風@デーリック・トーマス選手

キリっとした表情、強い瞳の持ち主。ヤマハジュビロへ今季新入団のデーリック・トーマス選手@白鴎大です。
<ヤマハ入団の決意と将来の目標>
「理由は、ヤマハの環境が良いから。体を作るのにはいい環境。この先、ヤマハの日本一を目指し、自分の国の代表にも選ばれたい!」
トーマス選手は、フィジーから日本へ来て4年(今年で5年目を迎える形かでしょうか?)。もちろん日本語OKです(インタビューの受け答えも、全て日本語!、助かりました…。ありがとうございます!)。シューラー総監督も、「日本語でコミュニケーションをとれることは、チームへすぐに溶けこめる。能力も高く期待しています」と高評価の選手です。
2002年U18フィジー代表、昨年6月のU21世界選手権もフィジー代表として全試合に出場。チームの活躍へ大きく貢献しています。キレイな目でアグレッシブなプレーを披露!、頼もしい選手です。
ヤマハジュビロの印象をお聞きしたところ、温かくて優しい、チームメイトがトレーニングも親切に教えてくれる、そして、自然がいいです~、特に今の季節はサクラ、ホントにキレイです!と、話していただきました。
先輩にかわいがられるのも、親しみやすい人柄から!。これから大きく成長していく、デーリック・トーマス選手。楽しみです!。

ラグビーボールとヘッドキャップの関係

4月は、新しいシーズンの始まりですね。全国のラグビースクールも開校式を迎えていると思いますが、ヤマハラグビースクールも7日に開校式が行われました。
写真は、ラグビーボールとヘッドキャップの不思議な関係。子供の手にかかると、こんなにかわいらしく変身♪。
今はブカブカのヘッドキャップも、1年経つとどうなるか?。未来のトップリーガーを目指し、頑張って続けてもらいたいです!。

ヤマハジュビロの新しい風@八木下恵介選手

ヤマハジュビロの入団会見で、温かく、優しい空気に包まれている?ように感じたのが、八木下恵介選手@日本体育大学。
<ヤマハ入団の決意と将来の目標>
「えっと、今までラグビーをやってきて日本一とか経験したことなかったので、ヤマハのように日本一を狙えるチームに決めました。将来は出来る限り、体が続くまでラグビーを続けていきたいです!」
歴史ある日体大ラグビー部で、1年生から公式戦へ出場。すごいです!。三冠を目指すと力強く語っていただいたように、ヤマハジュビロの歴史に名前を連ねる、息の長い選手を目指して頑張って下さい。応援しますよ~。

ヤマハジュビロの新しい風@小林訓也選手

ヤマハ発動機ジュビロへ入団した8名の中でも、特に!爽やかな笑顔を見せてくれたのは、小林訓也(のりや)選手。日本体育大学からは、昨シーズン入団の津高選手に次いで(今シーズン入団の中で、八木下恵介選手も日本体育大学です☆)。
<ヤマハ入団の決意と将来の目標>
「ヤマハは地域密着型チームで、トップリーグでもベストファンサービス賞を2回連続で取っていてサポーターにも力を入れているし、ヤマハのボールを外へ動かす戦い方が自分も好きなんで決めました。将来は3年ぐらいたったら外国人選手にも負けないパワーとスピードを持った選手になりたいです!」
会見後、トラジュビからお願いした写真撮影に「エッサッサー、いくぞ!」といきなり?、大物の片鱗を見せてくれた小林訓也選手。
高校3年生時(新潟:巻高校)は、第7回U19アジア大会に出場。先発でトライも量産。ヤマハジュビロのムードメーカーとなるか?。笑顔と共に将来が楽しみな選手です。

アデレードセブンズでサクラ満開に!

アデレードセブンズへ参加している7人制ラグビーの日本代表。1日目が終了。
予選プールの結果は、
対フランス戦は、12-19で勝利
対南アフリカ戦は、42-0で敗戦
対ケニア戦は、22-12で敗戦
(結果は、日本ラグビーフットボール協会HPより)
結果、1勝2敗が3チーム並ぶ中、プールBを4位でボウルトーナメントへ。明日8日は、トンガと対戦します(現地時間10:38~)。
「旋風を巻き起こす!@佐野監督」と3月に辰巳の森で行われたセレクション合宿で、強い意気込みを聞かせていただいてから、1ヶ月。遠征も後少しです。最後まで、応援していますので、是非サクラを満開に咲かせていただきたい!と願っています☆。
(写真は、チーム福岡?の山本英児選手@九州電力、築城昌拓選手@コカ・コーラ、桑水流裕策選手@福岡大の決意!)

ヤマハジュビロの新しい風@笠原雄太選手

8名の新人を迎えたヤマハジュビロ。爽やかな笑顔は、チームに新しい風を吹きこみます。
写真は、流通経済大学から入団の、笠原雄太選手@ロック。ポジション順に席へ着いたので、質問は全て笠原選手からスタート♪。受け答えもスピードをつけてアタック!。会見の様子です。
<ヤマハ入団の決意と将来の目標>
「声をかけてもらったんで、ヤマハに入団を決めました。将来は、社会人の経験を生かし、地元北海道で教員を目指します!」
笠原選手は、道立七飯(ななえ)高校出身(地図でいうと函館の近くでしょうか?)。部員数が15人にも満たない中でラグビーを続け、努力を重ね流通経済大学へ入学。4年生時には寮長を任され、160人以上の大所帯をまとめあげたとのことです。流通経済大学ラグビー部HPを拝見したところ、4年生時に「クラブ表彰@PLAYER of the YEAR4」を受賞。卓越したリーダーシップを持つ人望の厚い選手です。
どっしりと構えた姿勢に頼もしさを感じる笠原選手。楽しみな選手です!。

セブンズジャパン!

ヤマハジュビロから佐藤選手&村田選手(コーチ)が遠征中の7人制ラグビー。
3月の最終合宿@日本エアロビクスセンターを友人3人で見学に行ってきました。激しく&厳しい練習の合間に、「ウォー!」とか、「いくぞ!」とメンバーの気合いが入った声。元気な姿を見ることができ、嬉しく思いました。
セブンズは、メンバー同士の仲が本当に良く、チームの雰囲気もバッチリなジャパ~ンセブン~ズ(築城昌拓選手@コカ・コーラ風に)。先日行われた香港大会は、予選プール3位でボウルトーナメントへ進みましたが、準決勝で敗退。そして今週末はアデレードセブンズへ参加です。
現地の元気な様子は、日本ラグビーフットボール協会HPへアップされています。
セブンズ、IRB大会へもっと参加すればいいのに…と素人ながら聞いてみると、大会は、招待制とのこと。セレクション合宿を見学した時、佐野監督は「日本はポイントを取っていないから、まずポイントを取り実績を残したい」と、お話されていました。
アデレード大会は、体調不良のマスクマンで香港大会へ参加できなかった中園真司選手(関東学院大学)が復活。キレのあるステップとラン、そしてチームが一つになって、一つでも多くトライを!、一つでも多く勝利を!と、日本から願っています。
GO!GO!ジャパン!。
(写真は、小吹祐介選手@リコーの決意!)